日本の伝統工芸・漆器 うるし工房 錦壽(山岸厚夫)
 
 
トップページへ
山岸厚夫
特徴
豆知識
お支払い・送料
会社案内
お問合せ

 

会社概要
錦壽の漆器の特徴
錦壽の漆器の扱い方
うるしの豆知識
漆器の使い始め
漆器の手入れの仕方

伝統とモダンな漆を追求

長い歴史の漆器は形も使い勝手もいいものが多く、現代でも使いやすく、今後も継続して追及して行きたい。
時代は変化し続けており、インテリア、食生活も変わってきており、現代そして将来に向けて新しい感覚の漆を提案し続けて行きたい。
 
雑誌に掲載されました
錦壽の制作風景
スタッフと山岸家の日記
English catalog
日本語カタログ
フェイスブック
Atsuo Yamagishi
漆器の使い始めの方法
工房ショッピングページ

料理店のカウンター漆塗り
私の器を使って下さっている店
ジーンズ塗り物語
天然漆の良さ
山岸厚夫の日記

土日祝日はネットも店もお休みしております。
関東地区ショップについて

現在、こちらのページでは商品の購入はできません! 
下記のサイトは錦壽スタッフが更新・運営しておりますので、そちらよりご注文をお願い致します。
また、ご要望などありましたらお気軽にお問合せください。
ご迷惑をお掛けして申し訳御座いませんが、どうぞ宜しくお願い致します。

【サイト名】うるし家族〜URUSHIKAZOKU〜
http://www.urushikazoku.com/

ジーンズ感覚の漆器
漆器は扱いに気を使う、キズがコワイ !
キズ付くのがコワイのなら新品のジーンズを洗濯したように漆器を使い古した雰囲気にすれば使いやすいと考え、漆が塗りあがってから、表面を研ぎ、そして漆をすり込み艶消し仕上げにしました。
20年間制作してきて、多くのお客様に使って頂き、丈夫で気楽に使えると好評を頂いております
【当店の保証と修理】
当店の漆器を買って、一年以内で、使って、はげたり、割れたりしたら新品と取り替えさせて頂きます
注意として電子レンジ、オーブン、食器洗浄機にははかけないで下さい。お客様のミスで落として、欠けたりした場合、又は、一年以上の使用の場合、修理費を頂きます、その場合も、商品を見て修理費を見積もりさせて頂き、お客様に了承を得てから修理にかかります

ジーンズ感覚の椀を使ってみて下さい !


素材は木合と言い、木粉と樹脂を混合した素材で形を作り、塗りは天然漆で塗り重ねての仕上げ、業務用でも使われている

素材は木合ですが、天然漆で塗り重ねています、汁椀でも飯椀でもサラダを盛るなど使い方は自由

木製の汁椀の上渕と高台渕に布を巻いて塗り重ねています、頑丈さを重視している為に上渕は厚いのでご了承を

木製の大きめの汁椀の上渕と高台渕に布を巻いて塗り重ねています、具沢山の汁物に最適です

1万円の予算で贈れる汁椀ペアとして人気があります

豚汁、ケンチン汁など具沢山の汁物に重宝されているようです

1個もののプレゼントによく使われます、デザインを気に入られるようです

菓子皿の定番 椿皿、皿を立てにして横から見た形が椿の花のよう

現代版 応量器
この4ツの椀があれば困らない

楕円形の盛鉢、テーブルの上で場所を取らず、サラダやパスタが似合います

長さが短めのサーバーセットで使いやすいと好評です

直径30cmの盛鉢でパーティーの時や土鍋の具材入れとしても活躍します

合鹿椀(ゴウロクワン)
高台が高い椀が好きな方には喜ばれます

漆塗りのコーヒーカップ口当たりがいいです


高級業務用漆器……アンティーク調

漆象……漆象とは前衛芸術としての漆


木製 時代根来……感覚のままに古風感を出してみました


4寸汁椀


飯椀

酎ハイカップ


4.5多用椀


かゆ椀


ヴィーナス椀

5.5盛鉢

5.5取り皿

応量器

応量器、匙と箸

8寸椿皿 根来

8寸椿皿 曙

8寸足付膳

8寸足付膳 曙

尺4渕布ランチョン

5寸片口

5寸片口 曙


5寸椿皿 根来
 

■応量器について

■古代根来  使い込んだ骨董感覚
■刷毛根来  刷毛目の味を生かした
■渕布根来 傷みやすい渕に布を巻きました
■荒挽根来 木地の挽き目を生かした

くらしの良品研究所が漆器のページを作って下さいました
船井幸雄先生との出会い
箱根やまぼうしさんの当工房の訪問記
無印良品の漆器
大阪城 平成中村座のパーティーに参加して
荒川浩和先生との出会い
渡邉先生との出会い

JINMOさんとの出会い
角偉三郎さんとの出会い
緒形 拳さんとの出会い
加藤登紀子さんとの出会い
浜美枝さんとの出会い
山口百恵さんとチラッと会った話
久米繊維の久米信行さんが私との出会いを書いて下さいました
がんこ本舗きむちんとの出会い
韓国の定林寺址博物館に私の作品が常時展示
●漆器の手入れは陶器を洗う感覚でいいんですジーンズ感覚で毎日使う漆器作ってます
●うるし工房紹介の動画(57M)
★伝統の漆(うるし)に風通しをよくするため(お客様からのレポート)
★週間NY生活に山岸が紹介されました

★シカゴ、ギンザホリデーに参加、シカゴの新聞に載りました
孫、日和が研ぎをマネて仕事している動画
●ジーパン感覚の漆器についてラジオで話しした(j-wave)

 



有限会社 錦壽
(ゆうげんがいしゃ きんじゅ)


〒916-1232
福井県鯖江市寺中町21-2-1
TEL:0778-65-3001 FAX:0778-65-2490
店舗運営責任者:山岸厚夫


Copyright (C) 2004 KINJU. All Rights Reserved.